【オンラインセミナー事前登録受付中】
セルフケアを支える機器・アプリ・サービスの
制度・規制を踏まえた開発戦略

医療機器等ガイドライン活用セミナー #24

国の成長戦略等で期待が集まる、「セルフケア」とこれを支える機器・アプリ・サービスの開発にあたっては、既存の薬事制度、保険制度、収益モデル、標榜・広告のあり方等様々な側面を考える必要があります。さらに立場の異なる様々なステークホルダーの合意形成、関連する制度の改善も期待されます。
 このセミナーでは、これまでに公開したガイドライン、ガイドブックを踏まえて、セルフケアを支えるデバイス・アプリ、そしてこれらを活用するサービスについて、事例と制度の紹介を通して複眼的な視点で捉えて、その開発のために必要な取り組みにつき、参加者の皆様と考えていきます。

 

日 時: 2021年1月29日(金) 13:00-15:00 (オンライン受付12:30~)
開催方法: オンライン開催
参加費:無料

  • 事前登録制とさせていただいております。 登録はこちらから
  • 事前登録者には、後日参加のためのリンクアドレスを、ご登録のメールアドレス宛に送付いたします
  • 定員を超えた場合、事前登録を締め切ることがあります。ご了承ください。
 
 

プログラム(案)          
  開会挨拶  山本 和徳(経済産業省)
  経済産業省の医療機器・ヘルスケア産業政策  藤原 崇志(経済産業省)
  医療機器プログラムに対する規制について  福田 悠平(厚生労働省)
  医行為との関係について  加藤 浩晃
(デジタルハリウッド大学大学院/アイリス株式会社)
  医療機器プログラムを活用した「治療」について   上野 太郎(サスメド株式会社)
  事業・アプリ等事例紹介⓵「carna」   砂原 和仁(株式会社カルナヘルスサポート)
  事業・アプリ等事例紹介⓶「カロママ」  佐々木 由樹(株式会社リンクアンドコミュニケーション) 
  事業・アプリ等事例紹介⓷「QUPiO With」  中村 健太郎 (SOMPOヘルスサポート株式会社)
  質疑応答・総合討論  廣瀬 大也(経済産業省)
 鈴木 孝司(公益財団法人医療機器センター)
  閉会挨拶  竹上 嗣郎(日本医療研究開発機構)
                                 (敬称略)

主催:日本医療研究開発機構・産業技術総合研究所
共催:経済産業省・厚生労働省・国立医薬品食品衛生研究所
後援:日本医療機器産業連合会・日本医工ものづくりコモンズ・電子情報技術産業協会
    保健医療福祉情報システム工業会・GHS協議会(一部調整中・順不同)