【セミナー 事前登録受付中】
三次元積層造形技術を用い、東洋人の骨格構造に最適な次世代インプラントの開発を目指して

医療機器等ガイドライン活用セミナー #18

三次元積層造形技術を用い、東洋人の骨格構造に最適な次世代インプラントの開発を目指して

日時: 2018年10月23日(火) 13:00-17:00 (受付12:30~)
会場: トラストシティ カンファレンス・丸の内(Room 2+3+4)
東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館11階 <アクセス

・参加人数把握のため、事前申込制とさせていただいております。
ご参加いただく場合は、事前登録をお願いいたします。(登録はこちらから)

・参加は【無料】です。
・満席の場合はご容赦ください。

プログラム(案)        座長:勝呂 徹     一般社団法人 日本人工関節研究所
    リウマチ治療研究所
開会挨拶  仲山 賢一(日本医療研究開発機構)
経済産業省の医療機器産業政策と開発ガイドライン策定事業について  (経済産業省)
東洋人の骨格構造に最適なインプラント開発への期待
      骨格構造に最適な人工股関節寛骨臼コンポーネントの開発動向  井口 普敬(名古屋市立大学)
      骨格構造に最適な人工股関節ステムの開発動向  坂井 孝司(山口大学大学院)
      膝関節の運動力学と関節負荷  松田 秀一(京都大学大学院)
      人工膝関節の骨格データの解析  冨田 哲也(大阪大学大学院)
開発ガイドラインの活用のポイント紹介  岡崎 義光(産業技術総合研究所)
積層造形医療機器開発に役立つ新技術・評価技術およびガイドライン活用例の紹介
総合討論・質疑応答  司会:岡崎 義光
                             (敬称略)

主催:日本医療研究開発機構・産業技術総合研究所
共催:経済産業省・厚生労働省・国立医薬品食品衛生研究所